宮崎県でアートにふれる!

宮崎県でアートにふれる!

宮崎県の自然を象徴的に表現した彫刻「イメージズ・オブ・ミヤザキ」宮崎県立美術館東側アート

県立美術館のモチーフは「太陽と神話の国宮崎」。

宮崎県高千穂町に伝わる神話「天の岩戸の伝説」をイメージしてつくられています。

入口前の広場には、噴水やモニュメントが多数配されていて、とても気持ちの良い空間。美術館の建物そのものが立派なアートになっているんです。

県立美術館、県立図書館、メディキット県民文化センターの3つの館に囲まれた、開放的な空間の広場「文化広場」には美術館の屋外彫刻が設置されています。

アメリカの彫刻家ジョージ・シュガーマンが、宮崎県の自然を象徴的に表現した彫刻「イメージズ・オブ・ミヤザキ」。

シュガーマンは、太陽・山・大地・樹木・ベンチの彫刻が、文化広場で人と関わりながら存在していくことを考えて制作したそうです。

モデル:黒木さくら

Instagram⇒ sakusakuk39

宮崎県立美術館

住所:宮崎市船塚3-210

TEL:0985-20-3792



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。